文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

未経験文系エンジニアとして働いてます。アウトプットとして簡単に技術メモを残していきます。たまに旅関係のも趣味で残していこうと思ってます。

【AWS/Lightsail/WordPress】簡単!月額3.5ドルでWordPress構築!

Amazon Lightsailを使用してWordPressを構築する手順を記していきます。
EC2を使用する方法もありますが、定額で構築が簡単なLightsailを使用して
行なっていきましょう。

手順は多いですが、難しい事はないので焦らず進めていきましょう。

Lightsailの利用開始

AWSの公式サイトにアクセスし、AWSマネジメントコンソール画面を開きます。
「ソリューションの構築」内に表示されている「仮想サーバーを使用して構築する」をクリックします。

f:id:igarashi44:20210328151748p:plain


「Lightsail へようこそ!」画面が表示されるので、「では、始めましょう」ボタンをクリックします。

f:id:igarashi44:20210328152026p:plain

Lightsailのインスタンス作成

インスタンス作成画面が表示されるので、設定を進めていきましょう。

f:id:igarashi44:20210328153215p:plain

インスタンスロケーションの設定

下記記載があるので、住んでいる地域から近い場所を選択しましょう。
日本に住んでいるので、「東京」、「ゾーンA」を選択します。
>インスタンスがユーザーに近いほど、ユーザーが経験するレイテンシーが少なくなります。

f:id:igarashi44:20210328153558p:plain

インスタンスイメージの選択

下記を選択しましょう。

プラットフォーム:「Linux/Unix
設計図の選択  :「WordPress

f:id:igarashi44:20210328154355p:plain

オプションの設定

こちらは任意の設定を行なってください。
今回は、変更せずデフォルトのまま進めていきます。

f:id:igarashi44:20210328154851p:plain

インスタンスプランの選択

「メモリ」や「ストレージ」等から好きなプランを選択出来ます。
1番安いプランで作成したいため、「月次料金」タブの「$3.5USD」を選択します。

※最初の1か月無料と記載がありますが、本当は「750時間」が無料が正しいです。
>選択したプランを最初の 1 か月 (最大 750 時間) 無料で使用できます。

f:id:igarashi44:20210328155237p:plain

インスタンスを確認

こちらも任意の設定を行なってください。
今回は、変更せずデフォルトのまま進めていきます。

f:id:igarashi44:20210328155830p:plain

インスタンスの作成

上記設定が全て完了したら画面下部にある「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

Amazon LightsailのTOP画面

作成が完了すると、Amazon LightsailのTOP画面に遷移します。
先ほど作成したインスタンスが表示されます。

f:id:igarashi44:20210328161725p:plain

IPアドレスの固定化

IPアドレスが動的に変わるのが嫌な方は、静的IPの設定を行いましょう。

「ネットワーキング」タブを選択し、「静的IPの作成」ボタンをクリックします。

f:id:igarashi44:20210328162418p:plain


静的IPアドレスの作成画面へ遷移します。

インスタンスへのアタッチで、先ほど作成したインスタンスを選択します。
設定完了後、「作成」ボタンをクリックします。

f:id:igarashi44:20210328162647p:plain

画面遷移し、画像の通り表示されていれば完了です。

f:id:igarashi44:20210328162900p:plain

WordPressSSH接続設定

Amazon LightsailのTOP画面を表示し、設定するインスタンス名をクリックします。

f:id:igarashi44:20210328163052p:plain

「接続」タブの「SSHを使用して接続」ボタンをクリックします。

f:id:igarashi44:20210328163408p:plain

別ウィンドウでターミナル画面が表示されます。

f:id:igarashi44:20210328173935p:plain

ターミナル画面で下記コマンドを実行します。
実行すると、ターミナル画面にパスワードが表示されます。
こちらは、WordPressの管理画面にログインするためのパスワードですので忘れない様にしましょう。

cat bitnami_application_password

下記コマンドを実行すると、ログアウトができるので完了したら、ターミナル画面を「×」ボタンで閉じます。

exit

WordPressへログイン

「ネットワーキング」タブを選択し、「パブリックIP」に表示されている数字をコピーします。

f:id:igarashi44:20210328170926p:plain

上記でコピーした数字を任意のブラウザのアドレスバーにペーストします。

画像の様に「Hello World!」が表示されていれば、WordPressが正常に動作出来ていると確認が出来ました。

f:id:igarashi44:20210328171222p:plain

続いて、WordPressの管理画面にアクセスするために、パブリックIPの末尾に「/wp-admin」を設定します。

{パブリックIP}/wp-admin

管理画面へのログイン画面が表示されるので、下記の通り入力し、「Login」ボタンをクリックします。

Username or Email Address:user
Password:{ターミナルで表示したパスワード}

f:id:igarashi44:20210328172241p:plain


ログイン後、ダッシュボード画面が表示されていれば完了です。

f:id:igarashi44:20210328172249p:plain



手順としては、長くなりましたが、特に難しい事もなくログインまで出来ましたね!
月額も安いので、WordPressを使用したい場合はぜひLightsailで行なってみましょう!

ブログランキングに参加してます!

もしよければクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ
にほんブログ村