文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

未経験文系エンジニアとして働いてます。アウトプットとして簡単に技術メモを残していきます。たまに旅関係のも趣味で残していこうと思ってます。

【CakePHP3】MAMPにComposerを使って簡単に、CakePHP3を導入する方法

PHPフレームワークであるCakePHPの3系を導入する方法を記していきます。
Laravelが1番人気ではありますが、CakePHPもまだまだ現役だと思います。
簡単に導入出来るので1度触ってみてはいかがでしょうか。

1.実行環境・インストール内容

MacOS:High Sierra 10.13.6
MAMP:5.7
PHP:7.4.2 (最小5.6)
MySQL:5.7.26 (最小5.1)
Composer:1.10.8

インストール内容

CakePHP:3.8

MAMPがまだインストールされていない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

44igarashi.hatenablog.com

Composerがまだインストールされていない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

44igarashi.hatenablog.com

2.CakePHP3.8をインストール

CakePHP3からComposerを使用してインストールするやり方になりました。
※1系、2系はzipファイルを公式サイトからダウンロードしてインストールをするやり方でした。

CakePHP3をインストールしたいディレクトリにターミナルで移動します。
今回はこちらのディレクトリにインストールしていきます。
/Applications/MAMP/htdocs/

  cd /Applications/MAMP/htdocs/

Composerのコマンドを実行してインストールします。
「:3.8」を指定しないと、4系がインストールされてしまいます。

  composer create-project --prefer-dist cakephp/app:3.8.* cakephp3
  composer create-project --prefer-dist cakephp/app:3.8.* {インストールするディレクトリ名}

成功するとインストールが始まります。
数分かかるので待ちましょう。

途中で「ファイルの書き込み権限をもらっても良いですか?」と聞かれるので「Y」と答えましょう。

  Set Folder Permissions ? (Default to Y) [Y,n]? Y

これでインストールは完了です!

3.インストールの確認

MAMPのPort番号を初期設定から変えていなければ下記URLにアクセスすると
CakePHP3.8の画面が表示されます。

http://localhost:8888/cakephp3/
http://localhost:8888/{Composerで指定したディレクトリ名}/

これでCakePHP3.8系のインストールは無事完了です!
Composerを使用すると、簡単にできますね!