文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

未経験文系エンジニアとして働いてます。アウトプットとして簡単に技術メモを残していきます。たまに旅関係のも趣味で残していこうと思ってます。

【Git/M1/MaxOS】Apple のデフォルトGit から Homebrew の Git へ切り替える方法

M1 チップの Mac を購入すると、初めから Git がインストールされていました。
Homebrew で Git もパッケージ管理しておいた方が後々良いと思うので変更する
手順を記していきます。

1.実行環境

MacOS:M1チップ Big Sur 11.4
Homebrew:3.2.13
Git:2.30.1 (Apple Git-130)

M1チップではないMacを使用している方はこちらへ。

44igarashi.hatenablog.com

2. Git のバージョン確認

ターミナルを開いて、Git のバージョンを確認しましょう。

¥ git --version
git version 2.30.1 (Apple Git-130)

現在 Apple のデフォルト Git を参照されているのが確認できました。

3.Homebrew で Git をインストール

Homebrew を使用して Git をインストールしていきます。

まず、Homebrew がインストールされているか確認します。

¥ brew --version
Homebrew 3.2.13
Homebrew/homebrew-core (git revision b51390efaf; last commit 2021-09-25)


まだ Homebrew をインストール出来ていない方はこちら
44igarashi.hatenablog.com


Homebrew で Git をインストールします。

¥ brew install git
Updating Homebrew...
==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> Updated Formulae
Updated 77 formulae.
・・・

上記の様に、インストールが始まります。

完了したら、Git のバージョンを確認しましょう。

¥ git --version
git version 2.30.1 (Apple Git-130)

まだバージョンも変更されていなく、Apple のままですね。
Homebrew でインストールは完了していますが、パスの変更を行わなければ、
デフォルト Git を参照したままのため、変更しましょう。

4.パスの変更

まず使用しているシェルを確認します。

¥ echo $SHELL

/bin/zsh
もしくは
/bin/bash

上記の通りどちらかが表示されると思います。
表示された方のファイルを変更します。

vi ~/.zshrc
もしくは
vi ~/.bash_profile

開いたらファイルの1番最後に記載をし、保存します。

export PATH=/usr/local/bin/git:$PATH

これで、パスの変更は完了です。
変更した内容を反映させるため、下記コマンドを実行し再起動を行うか、ターミナルで「×」を押下し再度開きましょう。

5.Git のバージョン確認

ターミナルの再起動が完了したら、Git のバージョンを確認しましょう。

¥ git --version
git version 2.33.0

Apple の表記が消えていて上記の様に表示されていれば、変更完了です。