文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

未経験文系エンジニアとして働いてます。アウトプットとして簡単に技術メモを残していきます。たまに旅関係のも趣味で残していこうと思ってます。

【MAMP 6.5/M1 Mac】M1 チップの Mac に MAMP のインストールし、画面表示まで!

PHPの開発環境を簡単に作れるMAMPのインストールから設定、画面表示までの手順を記していきます。
簡単にできると思うので、初心者の方や、とりあえず環境を楽に作りたいという方にはおすすめです。

1.開発環境・インストール内容

MacOS:M1チップ Big Sur 11.4
MAMP:6.5
MAMP PRO:6.5 ※こちらは不要です。

IntelMac を使用している方はこちら
44igarashi.hatenablog.com

2.MAMPのダウンロード

下記URLにアクセスし、「Free Download」をクリックします。
https://www.mamp.info/en/windows/

f:id:igarashi44:20211002161047p:plain

OSの選択をします。

Appleマーク項目の「MAMP & MAMP PRO 6.5(M1)」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002161257p:plain

クリックすると、ダウンロードが始まるのでしばらく待ちましょう。

f:id:igarashi44:20211002161706p:plain

3.MAMPのインストール

ダウンロードが完了したら、「MAMP_MAMP_PRO_6.5.pkg」を開きます。
インストーラーが起動するので、「続ける」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002162050p:plain

内容を確認し、「続ける」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002162135p:plain

使用許諾契約の内容を確認し、「Continue」をクリックします。
言語を変更する場合は、画面上部のプルダウンを選択しましょう。
日本語は無いので、英語のままで進めます。

f:id:igarashi44:20211002162408p:plain

同意の確認があるので、問題が無ければ「Agree」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002162513p:plain

インストール先の設定をします。
特に指定先が無ければデフォルトのまま「インストール」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002162608p:plain

インストールの確認があるので、Touch ID もしくは、パスワードを入力してインストールを開始しましょう。

インストールが始まるので、しばし待ちます。

f:id:igarashi44:20211002163012p:plain

インストールが無事完了したら、「閉じる」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002163104p:plain

インストーラーを削除するか聞かれるので、任意の選択をしましょう。
今後使用することも無さそうなので、削除して進めます。

f:id:igarashi44:20211002163145p:plain

これで MAMP のインストールは完了です。

MAMP PROも一緒にインストールされてしまうので、
不要な場合はこちらの記事を参考にアンインストールしてみましょう。

M1 チップの Mac でも削除できました。
44igarashi.hatenablog.com

4.MAMPの起動

Launchpadに入っているMAMPをクリックし、起動します。

f:id:igarashi44:20211002163532p:plain


サーバを起動するため右上の「Start」をクリックします。

f:id:igarashi44:20211002163631p:plain


起動が成功すると右上の「Start」が「Stop」に変わります。

f:id:igarashi44:20211002163754p:plain

正常に起動できているか確認してみましょう。
下記URLにアクセスします。

http://localhost:8888/index.php

画像の通り、「Welcome to MAMP」と表示されていればOKです。

f:id:igarashi44:20211002165102p:plain

5.ブラウザでPHPファイルを確認

最後に、PHPファイルの内容を表示させてみましょう。

MAMPPHPファイルを確認する際は、「htdocs」ディレクトリ直下にファイルを置いていきます。

例:/Applications/MAMP/htdocs/{追加するファイル}

「project」ディレクトリに「test.php」というファイルを作成し、ブラウザで表示させてみましょう。
※port番号などデフォルトの設定で進めていきます。

まず、「htdocs」ディレクトリ直下に「project」ディレクトリを作成します。

f:id:igarashi44:20200624021359p:plain

作成した「project」ディレクトリに「test.php」ファイルを作成します。

f:id:igarashi44:20200624021428p:plain

作成した「test.php」に下記記述をします。

<?php
    echo "test.phpの内容を表示";
?>

任意のブラウザで下記URLにアクセスします。

http://localhost:8888/project/test.php

先ほど作成した「test.php」の内容がブラウザに表示されます。

f:id:igarashi44:20200624021942p:plain

これでMAMPのインストールからブラウザで画面表示まで完了です!

6.さいごに

Docker や VirtualBox などが主流で使われていると思いますが、MAMP に比べると敷居は少し高いと思うので、
とりあえずPHPの勉強を始めたいという方は、MAMPで環境構築を行ってみてはいかがでしょうか。