文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

未経験文系エンジニアとして働いてます。アウトプットとして簡単に技術メモを残していきます。たまに旅関係のも趣味で残していこうと思ってます。

【Git/M1/Homebrew】Homebrew で簡単に Sourcetree をインストール!GitHub のクローン設定まで!

今回は、GUI で Git を操作できる Sourcetree を Homebrew を使用して
インストールする手順を記していきます。
CUI で Git コマンドの操作に慣れてきたら、Sourcetree を使用してお手軽にしましょう!

1.実行環境

MacOS:M1チップ Big Sur 11.4
Homebrew:3.2.13
Git:2.33.0

Homebrew をインストールしていない方はこちら

M1チップの Mac の場合
44igarashi.hatenablog.com

M1チップ以外の Mac の場合
44igarashi.hatenablog.com

Git をインストールしていない方はこちら

M1チップの Mac の場合
44igarashi.hatenablog.com

M1チップ以外の Mac の場合
44igarashi.hatenablog.com

2. Homebrew、Git のインストール確認

ターミナルを開いて、Homebrew、Git がインストールされているか確認しましょう。

¥ brew --version
Homebrew 3.2.13
¥ git --version
git version 2.33.0

上記の通り、各バージョンが正常に表示されていればOKです。

3.Homebrew で Sourcetree をインストール

Homebrew を使用して Sourcetree をインストールしていきます。

下記コマンドを実行し、インストールが完了するまで待ちましょう。

¥ brew install sourcetree
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> New Formulae
cyral-gimme-db-token         neovim-qt
==> Updated Formulae
Updated 92 formulae.
・・・
==> Installing Cask sourcetree
==> Moving App 'Sourcetree.app' to '/Applications/Sourcetree.app'
==> Linking Binary 'stree' to '/opt/homebrew/bin/stree'
🍺  sourcetree was successfully installed!

正常にインストールが完了しました。

Laucnhpad に Sourcetree が追加されているので起動しましょう。

f:id:igarashi44:20210928014639p:plain

確認が入るので問題無ければ「開く」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928014925p:plain

Bitbucket のクラウド版かサーバ版か選択します。
クラウドを推奨しているので、クラウド版を選択しましょう。
※Bitbucket のアカウントをまだ持っていない方は、画面下部のリンクから作成しましょう。

f:id:igarashi44:20210928015230p:plain

公式サイト
f:id:igarashi44:20210928015302p:plain

Bitbucket のアカウントにログインします。
メールアドレスとパスワードを入力し、「続ける」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928015743p:plain

内容を確認し問題無ければ「アクセスを許可する」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928020000p:plain

Sourcetree アプリを開いて良いか確認があるので「Sourcetree.app を開く」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928020247p:plain

これで Bitbucket のアカウント登録が完了しました。
右下にある「続行」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928020525p:plain

グローバルの作成者とメールアドレスを設定します。
入力後、「完了」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928021039p:plain

これでインストールから設定は完了です。

4.GitHubリポジトリを Sourcetree に設定

次に、GitHub に上げているリポジトリを Sourcetree で Git 操作できるように設定していきます。

Sourcetree を起動し、メニュータブの「新規...」を選択し、「URLからクローン」を押下します。

f:id:igarashi44:20210928023342p:plain

GitHub からクローン用の URL コピーして「ソースURL」に貼り付けます。
「保存先のパス」はその名の通り、任意のパスを入力します。
「名前」はプロジェクトの名前にしましょう。

入力完了したら、「クローン」を押下します。

これで Sourcetree に設定が完了です。

f:id:igarashi44:20210928022343p:plain


Sourcetree を入れるとかなり楽になりますが、Git コマンドにある程度慣れてから行うのがおすすめです。
会社によっては、Sourcetree 禁止や、他のツールを使用しなければならないこともあるので、Sourcetree でないと
Git が扱えないとはならないようにしておきましょう。