文系Webエンジニアの技術メモとたまに旅のメモ

未経験文系エンジニアとして働いてます。アウトプットとして簡単に技術メモを残していきます。たまに旅関係のも趣味で残していこうと思ってます。

【MAMP/MacOS】簡単MAMPのPHPのバージョン(5系、7系)を切り替える方法

PHPの開発環境として使用される、MAMPPHPのバージョン切り替えが簡単に出来るので
その方法を記していきます。

1.実行環境

MacOS:High Sierra 10.13.6
MAMP:5.7

2.事前設定

見ているPHPを確認します。
設定を変えていなかったら、下記の通り出ると思います。

  $ which php
  /usr/bin/php

これをMAMPPHPを見る様に変更します。

  #設定ファイルを開きます。
  vi ~/.bashrc

  # 開いたファイルに追記します。
  export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/php7.4.2/bin:$PATH
  # :wq で保存します。

  #変更を反映します。
  source ~/.bashrc

これで変更は完了です。
再度確認して見ましょう。

  $ which php
  /Applications/MAMP/bin/php/php7.4.2/bin/php

変更したパスが表示されていたらOKです。

3.PHPのバージョン表示

切り替えが出来る、PHPのバージョンを確認しましょう。

MAMPを起動し、上部メニューの「MAMP > Preferences」を選択します。

f:id:igarashi44:20200628223635p:plain

環境変数設定画面が表示されます。
PHP」タブを選択します。

「Standard Version」項目に表示されているのが、切替が出来るPHPのバージョンです。
現在は、「7.4.2」が選択されています。

初期設定では、今表示されている2パターンしか切替が出来ない状態です。

4.選択出来るPHPバージョンの切替

現在PHP7系しか選択出来ない状態なので、5系と7系が切り替えられるようにしていきましょう。

下記のディレクトリに入っていきましょう。
「{パス}/MAMP/bin/php

切り替えの出来るPHPバージョンの一覧が表示されています。

f:id:igarashi44:20200628225238p:plain

選択可能にしたいPHPバージョン以外のディレクトリ名の先頭にアンダーバー「_」をつけましょう。
下記2つ以外つけましょう。
・php5.6.40
・php7.4.2

f:id:igarashi44:20200628225226p:plain

MAMPを再起動します。
※環境設定を変更した場合は、再起動しないと変更が適応されないので覚えておきましょう。

再起動が完了したらPHPのバージョンを確認します。

・上部メニューの「MAMP > Preferences」を選択します。
・「PHP」タブを選択します。

f:id:igarashi44:20200628225901p:plain

「Standard Version」の選択項目が変更出来ました。

5.PHPのバージョン確認

phpファイルに下記記述します。

<?php
    phpinfo();
?>

記述したphpファイルのURLにアクセスします。

選択したPHPのバージョンが表示されて入れば切替は成功です。

f:id:igarashi44:20200629001848p:plain

簡単に切り替えが出来るので、やり方はぜひ覚えておきましょう!